PERIBOARD-106M JPの印字はレーザー?

レトロなキーボード~PERIBOARD-106M JP

キーボード

昔ながらのデザインのキーボードPERIBOARD-106M JPを購入しました。デザイン性はともかくやはりキーボードは有線、フルサイズでしっかりと打てるものが良いですね。

昔ながらのデザインのキーボードPERIBOARD-106M JPを購入しました。


キーボードは有線、フルサイズ、ロング・キーストローク

デスクトップパソコン用のキーボードを購入しました。

 

ほんの半年前購入したキーボードは、フルサイズですがキーストロークが2.5mmの薄型を使っていたのですが、軽いタッチで打てるので良い反面、打ち間違いがとても多いです。

ちょっと横のキーを触れただけでも文字を打っちゃうので、かなりのストレスでした😥

 

最近のキーボードは様々なデザインがあるし、性能もピンきり。

 

近年は日本のメーカーでも中国製造がほとんどなので耐久性がイマイチなものも多いし、昔はキーボードといえばデザインは1種類で、しかもほんと壊れませんでしたよね。

キーボードのレイアウトはこれ以外ありえない!

私は昔ながらのキー配列でないとダメなので、意外と探すのが大変なのですが、良さそうだなと見つけたのがこれ。

 

Perixx PERIBOARD-106M JP

レトロなキーボード~PERIBOARD-106M JP

昔ながらのデザインが懐かしい。

 

Perixx(ペリックス)はドイツのブランドらしいです(中国製ですが)。

開封!

PERIBOARD-106M JP比較

でかっ!昔のキーボードってこんなにデカかったっけ?黒い方もフルサイズキーボードですよ!

 

で、早速繋いで打ってみると、確かにキーストロークが今までよりも長くなったので少し違和感ありますが、これだよ!!この打ち心地👍

 

このキーボードだと、しっかり打たないと文字入力出来ない代わりに文字の打ち間違え/タイプミスがかなり減ります。

 

あとこのキーを打つときの音ね、最近のものはカチカチと甲高いものが多いのですが、ポコポコ、ドン!(ドン!はEnterキーね)。

 

なんかとても懐かしい。

 

キーへの印字は白モデルがレーザーで、ブラックはシルクスクリーンとのことです。私のベージュもおそらくレーザーですかね。

PERIBOARD-106M JPの印字はレーザー?

何度か買っているキーボードは、シールを貼ったような印字で、特に使用頻度の高い「A/ち」の文字がすぐに剥げてしまっていたので、これは耐久性はありそうです。

剥げやすいキーへの印字はシルクスクリーン?

最近のは(ここまで分かりやすくはないですが)こういうタイプの印字が多いので文字がすぐに剥げてしまいます。

 

キーボード自体は一回り?もっとか??確かに大きくまりましたが、これは末永く使いたいなぁ。

 

あとは耐久性がどうかですが、”最大1000万回の耐久性”とは書いてありましたけどね。

 

キーボード選びはこれで最後にしたいです。

 

ペリックスのキーボード(PERIBOARD-106M)はこちらで購入できます

カラーはブラック、ベージュ、ホワイトの3種。

PERIBOARD-106M JPはこちらで購入できます

posted with カエレバ

※日本語配列(JP)と英語配列(US)キーボードがあるので注意してください。[BackSpace]や[Enter]キーの形状が違います。

QR Code | Tsuneの日々雑感

2022年1月22日パソコン/インターネット

Posted by Tsune