Googleページエクスペリエンス・アップデート(PC)

CLSが再び悪化したので原因を調べてみた

ブログ運営,ページエクスペリエンスアップデート,アドセンス

PC用のページエクスペリエンス・アップデートを境にCLSが再び悪化しました。。。CLS悪化の原因と解消方法。

CLSが悪化してしまいました。原因は

ページエクスペリエンス・アップデートとは

2022年2月23日にPC用のページエクスペリエンス・アップデートがありました。

 

ページエクスペリエンス・アップデートとは、簡単に言うとユーザーファーストでないサイトの順位を落としますよというGoogle検索のアップデートで、モバイルページの場合、「ウェブに関する主な指標」「モバイルユーザビリティ」「HTTPS」の3つPCの場合「ウェブに関する主な指標」「HTTPS」の2つが該当します。


Googleページエクスペリエンス・アップデート(モバイル)


Googleページエクスペリエンス・アップデート(PC)


これらはGoogleのサーチコンソールで見ることが出来るのですが、モバイルページは去年導入済みで、PCページに関しては2022年2月23日から導入が開始されました。

 

私の管理サイトも注視していたのですが、その2022年2月23日を境にPCの「ウェブに関する主な指標」が悪化しました。


CLSが悪化してしまいました。原因は


「ウェブに関する主な指標」とは、LCP、FID、CLSの3つで、

『ウェブに関する主な指標』説明

私のサイトはCLSが悪化していて、CLSとはレイアウトのズレです。

 

例えば私のサイトのファーストビュー部分には検索窓が設置してあって、ここに文字を入力しようとしたら、広告(アドセンス)が遅れて表示され、文字が打てなかったり、誤って広告をクリックしてしまったりということが起こることがあります。

Googleアドセンスのヘッダー広告を削除する(PC)

 

これがCLS悪化の原因です。

 

原因はアドセンスということがすぐに分かりましたので、アドセンスの管理画面から当該広告を削除したところ、すぐに回復!

CLSが悪化しましたがすぐに回復。原因は

このPC用のページエクスペリエンス・アップデートが原因かどうかは分からないのですが、23日を境にサイトのアクセス数も若干落ちていてそちらの回復も待たれるところです。

 

ヘッダー広告の削除方法

モンスターサイトはともかく、私のような個人サイトに広告を貼りすぎると、ユーザビリティを損なうのでほどほどにしないといけません。

 

特に、ファーストビューで一番初めに目にするヘッダー部分の広告には注意が必要です。

 

アドセンスのヘッダー広告の削除の方法は、管理画面から、[広告]▶[編集]で表示される広告のプレビュー画面から、ヘッダー部分に表示されている広告のゴミ箱をクリックするだけ。

※自動広告の場合です

Googleアドセンスの設置変更

 

アドセンスでCLSが悪化した場合の対処方法

削除した広告を元に戻す場合は、右側のサイドバーから簡単に行うことが出来ます。

 

まとめ

調子に乗って広告をベタベタ貼ると、Google先生からお仕置きをくらいます!というお話でした。

 

アドセンスは同じGoogleのサービスですが、結構問題児なので止めようかな?たいして儲からないし(ρ_;)

 

関連リンク

QR Code | Tsuneの日々雑感

2022年3月5日パソコン/インターネット

Posted by Tsune